80年代 日産 C31型ローレルはライバルマークⅡに比べて不人気だった

   


下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと! ディーラーでは 30 万円だった下取りが、 買取業者では 80 万円になることも多々あります。 一括査定サイトを使うことで、大手下取り会社の最大 10 社が あなたの車の買取価格を競ってくれるので、 結果的に値段が吊り上るのです。

日産のC230ローレル4ドアハードトップは中古車で

やや派手に見える事から若者に人気があったが

70年代 旧車 C230型 日産 ローレル


逆に新型のC31ローレルは

img363

は当時は全く人気が無く

直線的な230型の方が人気があったように思う

ヤンキー好みだった?こともあったのか

スポンサード リンク

確か前期には2ドアハードトップもあったかな?

1984年当時自分の教習所の車は最初230ローレルだった

もちろん安い低グレードの4気筒セダンだが

丁度C31型ローレルに切り替わって行く頃で

運転は最初は230ローレルだったがたまにC31ローレルの時もあって

断然新しい31型ローレルの方がハンドルやエンジンも軽く

エンジン音も静かで乗りやすかった

230ローレルはハンドルもエンジンも重かった

(当時はパワステの無いのが当たり前だった)

C31ローレルも後々デザインがかなり評価されたが

ダイエットやゴルフ、新車情報、ペット、イベント、旅行、など趣味や自分の好きな事を書いて

皆が知りたい情報を書いて

インターネット広告収入得てみせんか

そんな趣味や遊びが仕事になり楽しみながら副収入を得られる

実践してみたい方は下記公式サイトへ

   ↓

申込みはコチラ!公式サイトへ

詳しい説明動画です

スポンサード リンク

登場当時はトヨタのマークⅡ、クレスタ、チェイサー

3兄弟に大きく人気や販売で差を付けられていた

エンジンもトヨタの新しい軽量6気筒の1G-EUは

オートマチックとの相性も良く軽快に走り燃費もよかったが

日産の従来の旧いL型エンジンは高回転型の特性で回せば速いものの

街中では吹け上がりが重く乗りづらかったらしい

さらにトヨタはマークⅡに新しい6気筒4バルブDOHCの

ツインカム24を搭載させ高級イメージに拍車をかけた

日産はL型ターボで対向するしかなかった

さらに日産は4速オートマチックの導入が遅れ

高級車の430セドリックでもオートマチックは3速だし

エンジンも旧いL20型のままというのも商品魅力が薄れた

ただしC31ローレルのL20型はECCS化によって

クランクシャフトやコンロッドなどの

エンジンの運動部分が見直され吹け上がりも軽快になり

それまでのL20型とは別物になっていたけど

やや遅きに失したようだった

オートレベライザー(自動車高調整装置)や

足踏み式パーキングもブレーキもマークⅡより

ローレルの方が採用が早かった、但しベンチシート車のみだが

結局高級イメージでトヨタに差を付けられていたのが原因かな

性能や装備はほとんど同じなのにスキンが違うというだけだったようだが

当時の人気は新型のマークⅡやクレスタ、チェイサーの

4ドアハードトップが大人気で

スーパーホワイトのカラードバンパーが眩しくとても綺麗だった

 旧車イベントブログは下記のサイトへ移転します

https://ibent.kyusya.tokyo/

値引き金額から更に 50 万円安くなる方法 「昔見た憧れの旧車やかっこいい新車に乗りたいけど、予算オーバーだ…」 「愛車の値引きを多くしてできるだけ次の愛車を安く買いたい…」 「ディーラーを回るのは面倒で…」 「新車や旧車をお得に最安値で手に入れたい…」 「ディーラーの売り込みがイヤ…」 など、車の購入を検討しているけど色々悩みが尽きない... と悩んでいる方は非常に多くいらっしゃいます。 家族や友人に相談したところでまともに聞いてもらえず また聞いてもらったところで欲しい車に手が届かない。 そんな方にオススメの裏ワザをご紹介します。 下取りは必ず一括査定サイトを使うこと! 下取りは必ず一括査定サイトを使うこと! ディーラーでは 30 万円だった下取りが、 買取業者では 80 万円になることも多々あります。 一括査定サイトを使うことで、大手下取り会社の最大 10 社が あなたの車の買取価格を競ってくれるので、 結果的に値段が吊り上るのです。
スポンサード リンク

 - 1980年代名車 バブル時代 車