初代ソアラ トヨタ・ソアラ2800GTリミテッド レビュー 1984年

      2019/06/12


下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと! ディーラーでは 30 万円だった下取りが、 買取業者では 80 万円になることも多々あります。 一括査定サイトを使うことで、大手下取り会社の最大 10 社が あなたの車の買取価格を競ってくれるので、 結果的に値段が吊り上るのです。

8年落ちのMZ10 ソアラVRターボを30万円で売り

いつものブローカーの人からM型ターボより軽量で燃費のいいエンジンの

1G-Gのツインカム24のソアラかクレスタを探してもらってる時に

ソアラ2800GTリミテッドならあると言ってもってきてもらった

1984年1月登録の後期前期

ソアラはスタイルは後期の方がやっぱかっこいい

テールライトはスモークだし

後期の前期なので残念ながらフェンダーミラーだった

フルノーマルで4万km走行でディーラー中古車みたいに

内外装共にとても綺麗だった

スポンサード リンク

最上級グレードのワインの内装のレザーシートで見てしまったら欲しくなった

1990年5月4日東京

リミテッドの証、パールツートンも眩しかったし

1990年5月4日江戸川

145万円とかなりの予算オーバーだったが思い切って買った

またも6年落ちの中古ソアラだが(^_^;)

1990年になってもう3ナンバーの税金も下がり

5ナンバーとその壁は無くなりつつあったし

しかし後で考えるとブローカーから買うにしては145万は

(消費税が付いて149万円)

あまり旨みのない値段だったかな・・

ワンオーナーにこだわりはなかったし

すぐ後でトヨタディーラーで128万円で売ってる同じのを見た

検査受け渡しだったからほぼ同じ値段でディラー保証付きを買えたのに

そして1990年3月に納車

ボッシュのホーン以外はノーマル

フェンダーミラー見にくいし旧く見えるのですぐにドアミラーに交換

4万円だったが黒で折りたため無いものだった

最終形に付いている折り畳める大きいドアミラーが欲しかったが

後付けはこれしか付かないらしい、後で近い色に塗った

2800GTの5M-Gは燃費がいいと言われてたが

市街地ではあまりターボと変わらなかったのが誤算だった(^_^;)

まあ高速では10km以上は走ったけど

欲しかったデジタル表示のマイコン式オートエアコンがやっと付いた

がこのエアコン勝手にエアコンオンになってしまうのが厄介だ

「もう自衛するしかない水道水」「水道水はガンと死をまねく!?」他の著者で 水の研究に拘り続けて50年以上の葛原慎二が販売する

奇跡の水素 活性ハイドロゲンC<サンゴ水素スティック>

化学合成ビタミン類を排除した全く新しい水素加工食品

原材料はすべて天然素材使用

水素は毒性の強い活性酸素を除去し、

様々な病気の予防や治療に活用出来ると期待されています

サンゴ水素スティック水素濃度、持続時間において ノーベル賞を受賞した田中耕一氏が所属している (株)島津総合分析試験センターの検査データー

日本でNo.1であることが証明されました

詳しくは商品紹介ページへ

内閣総理大臣/内閣府認可 一般社団法人 水の安全臨床検査機構

株式会社 マキシム事業企画

 
スポンサード リンク

豪華なテクニクスのカーコンポは

ラジオが鳴らないトラブルが出たし

リアスピーカーにアンプが付いてるのでデッキ交換するときは

スピーカも同時変えねばならなかった

豪華なレザーシートは結構滑る、

純正ハーフカーバが付いてたが滑っていつもずれた

スポーツシートはみかけ豪華でかっこいいが

ぶ厚いので前のターボよりリアシートは狭かった

後期前期の初期のトヨタのECT付きオートマチックは

オーバードライブのキャンセルスイッチが無く

パワーモードにしていないと2速に落ちない等不便だった

Sレンジ(スーパーレンジというらしい)の必要性も?だ

結局マイナーチェンジで修正されたし

1984年後期からマイナーチェンジで折りたためるドアミラーと

昭和の名車の紹介雑誌「Nostalgic Hero」や「ハチマルヒーロー」、Nostalgic speed」「Gワークス」など いろんな雑誌400種類以上!が月400円(税抜き)で読み放題! 初回1か月0円! ↓↓お申し込みはこちらから↓↓  

オーバードライブオフスイッチが付いた

この違いで後で下取り査定が少し違った

TEMSが初搭載されたモデルなのでどういう時に効くか

当時のモーターファンに詳しく乗っていたので試してみた

当初ではアクティブサスのような感じだったのか

オートにするとアンチダイブやノーズリフトを防ぐために

瞬間的にハードに切り替えそれを防ぐといったもののようだ

60km以上のブレーキや急激な加速でハードに切り替わる

急ハンドルを切ってもハードになる

このモデルは唯一ハード、ソフトに固定できる

ハードにするとやや乗り心地が悪くなるという感じで

さほどハンドリングに影響はないと思うが

全体的にはソフト過ぎるかな

後期になってスピークモニターが無くなってしまったのが残念

しゃべるのがナイトライダーっぽく未来的で結構好きだったんだけど

兄弟車のセリカXXと共に初期の2800GT車に標準装備だったのだが

その代わりスーパーモニターと言われる文字で対話するものが付いた

ライト消し忘れもドアを開けることで切れるようになったのだが

しゃべるのが欲しかった(^_^;)

全く役に立た無いと言われたドライブコンピュータも廃止された

燃料消費カウンターは残された、これは便利だ

が見てると市街地では消費が早くて気になる

さらにリミテッド専用の装備のトンネルモードという物も

これはスイッチを入れるとヘッドライトが付き内循環になり

ラジオがAMになるというもの(純正ステレオの場合)

2800ccの5M-Gエンジンは低速からトルクがあり

全体的にトルク感がありいかにも大排気量のエンジンて感じだ

ただターボに比べ加速時は音が高まるので

静かに加速するターボの方が高級感があった

踏めば速いのは5M-Gのほうが速いが

1速65km/h

2速は145km/hまで引っ張れたが5000回転以上はゆったりしか回らない

25年前の映像だが全開サウンドヽ(´▽`)/

スポンサード リンク

トラブルは夏場にクーラーをかけて渋滞にはまると水温計が上昇した

走行にはなんら問題は無いが1番上まで行くと

デジタル計が点滅しクーラーが切れてしまうので暑くて大変だった

後で聞くとセンサーのトラブルらしいが

クラウンなどこの5M-G搭載車に多かったトラブルらしい

装備はターボには無かった20km/h車速センサードアロックも付いてた

前のソアラターボを買った頃と比べ

1990年以降はバブル時代もあって高級車が続々登場し

ソアラブランドの神通力も切れ前よりよくなったのに

あまりお誘いの声がかからなくなった

最後の方は流行りのハイマウントストップランプを付けた

81マークⅡの2000ツインターボには高速で割り込みを阻止され

130クラウンの3000ccに加速で負けた

なのでそろそろ現代の新しい車をと

所有期間1990年3月~1992年12月

旧車イベントブログは下記のサイトへ移転します

https://ibent.kyusya.tokyo/

値引き金額から更に 50 万円安くなる方法 「昔見た憧れの旧車やかっこいい新車に乗りたいけど、予算オーバーだ…」 「愛車の値引きを多くしてできるだけ次の愛車を安く買いたい…」 「ディーラーを回るのは面倒で…」 「新車や旧車をお得に最安値で手に入れたい…」 「ディーラーの売り込みがイヤ…」 など、車の購入を検討しているけど色々悩みが尽きない... と悩んでいる方は非常に多くいらっしゃいます。 家族や友人に相談したところでまともに聞いてもらえず また聞いてもらったところで欲しい車に手が届かない。 そんな方にオススメの裏ワザをご紹介します。 下取りは必ず一括査定サイトを使うこと! 下取りは必ず一括査定サイトを使うこと! ディーラーでは 30 万円だった下取りが、 買取業者では 80 万円になることも多々あります。 一括査定サイトを使うことで、大手下取り会社の最大 10 社が あなたの車の買取価格を競ってくれるので、 結果的に値段が吊り上るのです。
スポンサード リンク

 - 1980年代名車 バブル時代 車, 実際に乗った車 ,