80年代 バブル時代の名車 20ソアラ3000GTリミテッド エアサスマルチヴィジョン 

      2018/08/29


下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと! ディーラーでは 30 万円だった下取りが、 買取業者では 80 万円になることも多々あります。 一括査定サイトを使うことで、大手下取り会社の最大 10 社が あなたの車の買取価格を競ってくれるので、 結果的に値段が吊り上るのです。

茨木ヴィンテージカーショー2017で見た

2代目のソアラ3000GTリミテッド・エアサス仕様マルチビジョン付き

「もう自衛するしかない水道水」「水道水はガンと死をまねく!?」 他の著者で水の研究に拘り続けて50年以上の葛原慎二が販売する マキシムの浄水器、マーマー21 MJ100は電気を使わない 天然サンゴ、コーラルサンド21を含む業界初の10層構造なので 災害時などの突然の停電時にも使用可能です 0年間カートリッジ交換不要(10万リットル分!)だから 家族の飲水、食器洗いで1日25リットル使っても1日100円(定価388000円での計算)と経済性も抜群! 公益社団法人日本水道協会(JWWA)委託試験所である 一般財団法人関西環境管理技術センター で水質テストにより安全性が確認されています

詳しくはマーマー21の商品ページへ

スポンサード リンク

バブル時代前の1986年(昭和61年)に登場

3リッターに4バルブDOHCにターボで当時最高の230馬力

4速オートマチックながら最高速は238km/hは

1983年に登場して2年半に渡って破られる事の無かった

国産最高速保持車のフェアレディZ300ZXの234km/h

旧車 Z31型 日産フェアレディZ300ZX 希少な後期型、当時日本最速車だった


を破って日本最速記録を更新した

ただゼロヨン記録は当時このパワーに耐えられるミッションが無かった事で

オートマチックしか無かったので記録更新は成らなかったが

馬力表示がネット値で出たのもこの車からだったかな

サスペンションは電子制御エアサスペンションを採用、

狭い場所での乗り降りが容易な4リンク式イージーアクセスドアや

人口光学的配慮から開発された反射方式のスペースビジョンデジタルメータなど

グランベールインテリアと名付けられたキャビン

昭和61年当時ではハイテク満載のバブルカー

当時はトヨタの最新技術はまずはソアラに搭載された

トヨタのプレステージカーだった

30ソアラの時はセルシオにその役を奪われたが

480万円のプライスも当時は他に無かったので話題になった

後期型の方がエンジンなども洗練されていて人気もあるが

前期3000GTリミテッドしか無いマルチコントロールパネルと言われる

ガラスタッチの液晶パネルのエアコン表示

2モードでオーディオ操作もここに表示されるのは魅力的だ

後期は普通のグレードと一緒のエアコンパネルになってしまったから

これがあるのは前期3000GTリミテッドのみ

しかしやっぱり今は少しタッチの位置がずれてるらしい

オーナーから少し話を聞くことが出来た

1986年型のソアラ3000GTリミテッド エアサス仕様のフルノーマル、

シャッター付きガレージで雨の日は乗らないという
自分もかつては1986年型の20ソアラの3000GTに乗っていたが

7MーGTに限らずトヨタのM型エンジンは設計が古く

ヘッドガスケットが弱くて熱で歪みオーバーヒートに悩まされた

早いものはわずか3年程でその症状が出るらしい

ノーマル・オートマチックで乗るのなら

トルクが太く乗りやすいエンジンなんだけど

音もドヒューンという低い音も良かった

昭和の名車の紹介雑誌「Nostalgic Hero」や「ハチマルヒーロー」、Nostalgic speed」「Gワークス」など いろんな雑誌400種類以上!が月400円(税抜き)で読み放題! 初回1か月0円! ↓↓お申し込みはこちらから↓↓  

そこが気になったのでオーバーヒートは大丈夫ですか?と聞いてみると

今は大丈夫らしいが15年前にワンオーナー車を購入したが
その時から白煙を吹いていてそのまま乗っていたがついに吹けなくなり
ようやく去年100万円かけてエンジンを積み替えた
最初は間違ってハイオク仕様の後期エンジンが届いた

一見ポン付けできそうだがセンサーが合わないらしく

送り返して前期エンジンのリビルトになった
う~んやっぱり7M-GTは金が掛かるな(^_^;)

この20ソアラのエアロキャビンも欲しかったけど

バブル時代が生んだ ソアラ3000GTエアロキャビン 500台限定車 平成元年式


これも7M-GTエンジンだし

エアサスも2回修理したがもう部品が無く今はコイルサスだ
日産は部品があると聞いたがトヨタは無いのか
マルチヴィジョンはセンサーを切ったので反応しなくなったというが

マルチヴィジョン自体は動いているようだ


新車時はこのような表示がされた

今なら大した事の無いディスプレイ情報だが

パソコンもあまり普及していなくスマホも存在しない時代、

これが車に付いているとは未来から来た車みたいで当時は憧れた、

1番高いエアサス仕様を買わないと付けられないが

この車はマルチヴィジョンに地図が出るが媒体はCDでは無くカセットテープだ

残念ながらそのカセットテープは付いてなかったそうで見れないようだ

スポンサード リンク

ソアラはGTとリミッテッドの差は大きく価格差は100万円以上あり

他のモデルにあるようなお買い特バージョンでは無く本当に特別の意味だ

本革シート、スエード調のダッシュボード

乗り降りしやすいように電動でハンドルが上下したり

パッシングやウィンカーレバーも静かなタッチセンサーだ

GX61型でも採用されたオート防眩ミラー

(61では頻繁に代わりカチカチと音が鳴るので不評だったようだが)

天井の時計も前期の特徴

このミラーは重いせいかすぐ下がってくるので

ワイドバックミラーを付けるとさらに下がってくる

パワーアンプ付きのスピーカーもリミテッド専用

世界初のクリスタルパールマイカカラーは一目でリミテッドとわかる

1983年生まれの方だが親の影響で旧車好きになったらしい
エアロは好きでないようであえて無い方が好みらしいが

自分が所有するなら純正エアロは欲しいなヽ(´▽`)/

 

旧車イベントブログは下記のサイトへ移転します

https://ibent.kyusya.tokyo/

値引き金額から更に 50 万円安くなる方法 「昔見た憧れの旧車やかっこいい新車に乗りたいけど、予算オーバーだ…」 「愛車の値引きを多くしてできるだけ次の愛車を安く買いたい…」 「ディーラーを回るのは面倒で…」 「新車や旧車をお得に最安値で手に入れたい…」 「ディーラーの売り込みがイヤ…」 など、車の購入を検討しているけど色々悩みが尽きない... と悩んでいる方は非常に多くいらっしゃいます。 家族や友人に相談したところでまともに聞いてもらえず また聞いてもらったところで欲しい車に手が届かない。 そんな方にオススメの裏ワザをご紹介します。 下取りは必ず一括査定サイトを使うこと! 下取りは必ず一括査定サイトを使うこと! ディーラーでは 30 万円だった下取りが、 買取業者では 80 万円になることも多々あります。 一括査定サイトを使うことで、大手下取り会社の最大 10 社が あなたの車の買取価格を競ってくれるので、 結果的に値段が吊り上るのです。
スポンサード リンク

 - 1980年代名車 バブル時代 車 ,