トヨタ・セリカ 2代目 1800ST-EFI 1979年式のレビュー TA40 3T-EU 

      2018/08/29


下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと! ディーラーでは 30 万円だった下取りが、 買取業者では 80 万円になることも多々あります。 一括査定サイトを使うことで、大手下取り会社の最大 10 社が あなたの車の買取価格を競ってくれるので、 結果的に値段が吊り上るのです。

1985年9月の事そろそろ免許を取って1年になろうとしている時

近所の幼馴染から先輩の車を買わないかと言ってきた

車はトヨタ・セリカ

グレードは1800ST

子供の頃の新車時からセリカは好きで欲しかった車だった

但しそれは初代のセリカ・リフトバック

子供の頃から車は好きでミニカーやプラ模型を作ったりしていたので

自動車は良く見ていてたくさん知っていたが

中学の頃、町で2代目にモデルチェンジをしたセリカの2代目を見て

スポンサード リンク

啞然としたのを覚えている

初代の精悍なフロントマスクに比べて

とぼけた愛嬌のある猫のようなスタイルに

なんて不格好なと思った・・・

フロントのヒサシが無くなったのでまるでリーゼントから

突然丸ハゲになったような感じで

スポーツカーの挑戦的な顔面ではなくなってしまった

そしてその売車が2代目セリカ1979年型だった

1977年に登場しキャッチコピーは答えは風の中にあっただったが

初代に比べてやはり万人にとっても不格好に見えたのか人気が無く

中古車でも売れないと判断されたのかほとんど廃車になったようで

残存は少ないのか最近流行りの旧車イベントでもほとんど見かける事は無い

とはいえ自分は今まで家の小さなKP61スターレット1300しか

乗った事はなかったので

大きなスポーツカーのスタイルをした?車は立派に見えて

欲しかったので一応見に行く

走行5万kmほどで価格も10万円だ、但し車検切れ

当時は人気が大きく価格に左右されこの2代目セリカは

中古車市場でも不人気車で大きく値を下げていて

さらに当時は6年で査定は無くなると言われた時代だった

まあ10万円なら学生でも用意できない金額では無かったし

1985年9月24日セリカ乗れば人気のDOHCエンジンでは無いが

OHVエンジンとは1800cc、言えそれまで1300ccの

(これもOHVエンジン)スターレットしか乗った事がなかったので

1300に比べては1800ccは低速トルクがあり自分の中では速いと思った

1979年のマイナーチェンジ後だから

EFI仕様になっており、セルの音もキュキュンと現代の音がしたし

外観もGTのようにウレタンバンパーに変わっていて1985年10月2日

リアゲートも上級のセリカXXのように黒い分割が入っており

太いアルミも履いてるからそこそこ見栄えも良かったので買うことに

純正富士通TENのカセットは壊れていたが

社外のクラリオンのパワーブースター20W+20W(23800円)

img333付きのカーステが付いてありパワーブースターを入れると結構いい音がした、

スターレットの1スピーカーの富士通TENとは大違いだった

リアスピーカーはリアサイドをくり抜いて埋め込まれていたが

ウーハーが大きく低音もドンドンなってた、但し低音の響きすぎの振動で

高域の配線がちぎれていて高音は鳴らなかった

が円筒のツィターが付いていて音のバランスは良かった

リアのみの2スピーカー配線だったいい音だった

太いアルミも付いていて前にスピードスターマークⅠが2本のみ付いてて

後輪はアドバンのホイールのように見えたが違った偽物?だった
1985年9月24日岡山

1985年9月24日岡山3

こっちは4本あるというのでこっちに統一した

スピードスターマークⅠは当時でも人気が会ったようだが自分的には

スポンサード リンク

イマイチデザインが無い感じに見えたので外して放置していた

数年後粗大ゴミに出したら数分で消えていたが(´∀`)

トヨタの知り合いのとこで車検を通してもらった

検査切れで長い間ハンドルを切って止めておいたせいか

フロントショックが戻らなかった時があったみたいだ

ダイエットやゴルフ、新車情報、ペット、イベント、旅行、など趣味や自分の好きな事を書いて

皆が知りたい情報を書いて

インターネット広告収入得てみせんか

そんな趣味や遊びが仕事になり楽しみながら副収入を得られる

実践してみたい方は下記公式サイトへ

   ↓

申込みはコチラ!公式サイトへ

詳しい説明動画です

スポンサード リンク

確かにフロントショックはブレーキングですごいダイブした

初代の時はSTとGTしかグレードがなかったので

STってエンジンが違うだけかなと思ってたら

2代目ではかなりの低グレードだった

2代目では1800ccが加わったことにより

初代よりLT、XT、SEなどかなりグレード数が増えた

1985年9月24日岡山4

1985年9月24日岡山6

1985年に親戚の姉ちゃんの友人が乗ってきた

憧れのセリカXX2800GTとの2ショット

80年代から角目ライトやスーパーホワイトカラーが流行り

2代目の丸目ライトやベージュっぽい白は時代遅れに感じ

今の時代と違って1世代前の6年落ちでもかなり古臭く感じた

1985年9月24日岡山2

パワーステ、パワーウィンドが無いのはこの時代は仕方ないが

リモコンミラー、リヤワイーパー、FMラジオも無かった

まあ家のスターレットはDXでは何も無かったので

タコメーター、電圧計、油圧計などが付いていて

初代同様座席が低くダッシュボードが高い位置にあるので

低い姿勢で座るのでさらにスポーツカーを感じた

(3代目ではシートが高くなってやや乗用車っぽい)

スタイルは初代が良かったがやはり新しいだけあって

内装は初代より洗練され使いやすい

後席も丸くなったデザインのおかげでそこそこ広いし

後席にも内循環の風だがエアーダクトがあった

珍しい装備としてはワイパーウォッシャー液がワイパーブレードから出てくる

スポンサード リンク

ハンドルは社外品が付いてた

1986年4月那智

EFIなのでエンジンは一発でかかる

3T-EUエンジンはOHVなので上は回らなかった

燃費はリッター7~8kmと結構回して乗ってたせいか悪かった

トラブルは1年半の間にヒータのモーターが壊れたくらい

元々ウィーンという異音がしていて1が出なかった

そして突然動かなくなった修理後は異音が消え静かになった

後はフェンダーミラーが伸びるのでいじってたら中のステーが落ちてしまって

1986年3月家

直せなくなってガムテープで止めてた

1986年2月11日セリカ六甲

そして当時流行りのドアミラーに変えた

1986年4月セリカ勝浦1

両面テープで付ける安物だが(^_^;)速そうに見えた

1986年4月セリカ勝浦

1986年4月セリカ勝浦2

不細工で嫌だった2代目セリカもアルミを付けるとかっこいいなと思ってきた

1986年9月14日広島2

まあセリカは2代目以降はより高級なセリカXXの登場で

マイナーな車種になってしまい

皆この車を見てLBのせいかセリカXXだといった

最後は左前サイドを当て逃げされ醜い姿に

次の車に買い換える為9ヶ月の車検付きで友人に7万円で売却

所有期間 1985年9月~1986年12月

旧車イベントブログは下記のサイトへ移転します

https://ibent.kyusya.tokyo/

値引き金額から更に 50 万円安くなる方法 「昔見た憧れの旧車やかっこいい新車に乗りたいけど、予算オーバーだ…」 「愛車の値引きを多くしてできるだけ次の愛車を安く買いたい…」 「ディーラーを回るのは面倒で…」 「新車や旧車をお得に最安値で手に入れたい…」 「ディーラーの売り込みがイヤ…」 など、車の購入を検討しているけど色々悩みが尽きない... と悩んでいる方は非常に多くいらっしゃいます。 家族や友人に相談したところでまともに聞いてもらえず また聞いてもらったところで欲しい車に手が届かない。 そんな方にオススメの裏ワザをご紹介します。 下取りは必ず一括査定サイトを使うこと! 下取りは必ず一括査定サイトを使うこと! ディーラーでは 30 万円だった下取りが、 買取業者では 80 万円になることも多々あります。 一括査定サイトを使うことで、大手下取り会社の最大 10 社が あなたの車の買取価格を競ってくれるので、 結果的に値段が吊り上るのです。
スポンサード リンク

 - 1970年代の名車, 実際に乗った車