トヨタ・セリカXX カスタム Z31にそっくりなエアロキット モータートレンド

      2018/08/28


下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと! ディーラーでは 30 万円だった下取りが、 買取業者では 80 万円になることも多々あります。 一括査定サイトを使うことで、大手下取り会社の最大 10 社が あなたの車の買取価格を競ってくれるので、 結果的に値段が吊り上るのです。

今年も静岡県富士宮市で朝霧高原で行われる

60系セリカ・セリカXX・カリーナ・コロナ兄弟車の全国ミーティングの見学に

行きしなの静岡サービスエリア内に1台のセリカ・ダブルエックスが来た

昔雑誌で見た覚えのあるZ31みたいに見えるキットを組んでいた

やや爆音仕様で若者が乗っていたので別のイベントに行くのだろうと思ってたが
ドライブイン「もちや」のイベント会場にやって来た

後で見に行くと
セリカXXのSそれもターボ

「もう自衛するしかない水道水」「水道水はガンと死をまねく!?」 他の著者で水の研究に拘り続けて50年以上の葛原慎二が販売する マキシムの浄水器、マーマー21 MJ100は電気を使わない 天然サンゴ、コーラルサンド21を含む業界初の10層構造なので 災害時などの突然の停電時にも使用可能です 0年間カートリッジ交換不要(10万リットル分!)だから 家族の飲水、食器洗いで1日25リットル使っても1日100円(定価388000円での計算)と経済性も抜群! 公益社団法人日本水道協会(JWWA)委託試験所である 一般財団法人関西環境管理技術センター で水質テストにより安全性が確認されています

詳しくはマーマー21の商品ページへ

スポンサード リンク

自分が昭和61年頃就職して初めて中古車を買うのに
中古車屋巡りをしていた時にはよく見たセリカXXのSタイプ

当時途中から発売された1番人気の2000GTツインカム24は

当時は高くて買えなかったので
2000ccでSOHCエンジンながら豪華装備のGならなんとか買えそうだった
Sタイプはさらに安いがGタイプに比べて
パワードアロックやヘッドライトウォッシャーが無く
シートも1部ビニールなどと安っぽいから最低Gタイプ以上は欲しかった

今やイベントなどで来るセリカXXは当時1番人気だった

2000GTツインカム24バルブばかりなのでSタイプは珍しく内装は久々見た

自分は結局たまたま近所のトヨタディーラーの中古車屋に出ていた

ショートノーズの平目セリカ1800GT-Tを見つけ

当時は6気筒コンプレックスがあったものの

セリカXXのツインカムでも無いターボでも無い

SOHCの普通のエンジンのGタイプやSタイプに乗るなら

新しい技術の入ったツインカム・ターボの方がいいかと
平目セリカGT-TのLBを買うのだが
でもやはりロングノーズとリトラクタブルライトの美しさや
6気筒の静寂な高級サウンドは未練が残っていた

この矢印のようなSのマークは好きだった

昭和の名車の紹介雑誌「Nostalgic Hero」や「ハチマルヒーロー」、Nostalgic speed」「Gワークス」など いろんな雑誌400種類以上!が月400円(税抜き)で読み放題! 初回1か月0円! ↓↓お申し込みはこちらから↓↓  

まだ25歳の若者で初心者みたいだがショップで見て気に入って最近買ったという
内装はだいぶやれているが


外装は部分塗装しているので綺麗だ

サイドのturboのオリジナルスッテカーもあえて残してるという

モータートレンドのフルキットはたまたまあって後で付けたという

よく残っていたもんだ


当時ライバルの日産フェアレディZのZ31型

300ZXに似せているのはどうかと思うが珍しい事は珍しい
もちろんリトラは作動しない


ライトはローレル用だ

スポンサード リンク

SでもターボだからM-TEUエンジン

当時新しい1G-EUに比べターボは同じ6気筒でも

一世代古いM型エンジンを使ったので大きく重いし

4速にロックアップが付いて無いから燃費が悪い

しかしM型は軽量1Gに比べ静寂性が高く振動は低いので

静かに加速し低速トルクもあって高級なフィーリングで乗りやすい
以前自分も同じエンジンのソアラVRターボに乗っていたので
エンジンフィーリングに関しては同意見だった
現在はオートマチックが4速に入らないトラブルがあるという
本人はミッションに変えたいらしいが
周りかの年配のセリカXX乗りの方々達からは

貴重だから是非このままオリジナルで乗って欲しいと言われてた

当時の雑誌に載っていたモータートレンドのエアロ付きセリカ・ダブルエックス

旧車イベントブログは下記のサイトへ移転します

https://ibent.kyusya.tokyo/

値引き金額から更に 50 万円安くなる方法 「昔見た憧れの旧車やかっこいい新車に乗りたいけど、予算オーバーだ…」 「愛車の値引きを多くしてできるだけ次の愛車を安く買いたい…」 「ディーラーを回るのは面倒で…」 「新車や旧車をお得に最安値で手に入れたい…」 「ディーラーの売り込みがイヤ…」 など、車の購入を検討しているけど色々悩みが尽きない... と悩んでいる方は非常に多くいらっしゃいます。 家族や友人に相談したところでまともに聞いてもらえず また聞いてもらったところで欲しい車に手が届かない。 そんな方にオススメの裏ワザをご紹介します。 下取りは必ず一括査定サイトを使うこと! 下取りは必ず一括査定サイトを使うこと! ディーラーでは 30 万円だった下取りが、 買取業者では 80 万円になることも多々あります。 一括査定サイトを使うことで、大手下取り会社の最大 10 社が あなたの車の買取価格を競ってくれるので、 結果的に値段が吊り上るのです。
スポンサード リンク

 - 1980年代名車 バブル時代 車