日産 ケンメリ スカイラインの珍しいオートマチック車

      2018/08/28


下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと! ディーラーでは 30 万円だった下取りが、 買取業者では 80 万円になることも多々あります。 一括査定サイトを使うことで、大手下取り会社の最大 10 社が あなたの車の買取価格を競ってくれるので、 結果的に値段が吊り上るのです。

近場の車のイベントへ

「もう自衛するしかない水道水」「水道水はガンと死をまねく!?」 他の著者で水の研究に拘り続けて50年以上の葛原慎二が販売する マキシムの浄水器、マーマー21 MJ100は電気を使わない 天然サンゴ、コーラルサンド21を含む業界初の10層構造なので 災害時などの突然の停電時にも使用可能です 0年間カートリッジ交換不要(10万リットル分!)だから 家族の飲水、食器洗いで1日25リットル使っても1日100円(定価388000円での計算)と経済性も抜群! 公益社団法人日本水道協会(JWWA)委託試験所である 一般財団法人関西環境管理技術センター で水質テストにより安全性が確認されています

詳しくはマーマー21の商品ページへ

スポンサード リンク

今日はスーパーカーブーム時代のロータス・ヨーロッパと

ランボルギーニ・カウンタックフェラーリ512ベレルネッタボクサー

新しいフェラーリ458などロータス・ヨーロッパ以外は真っ赤な色で揃えてた

やっぱりスーパーカーといえば派手な色が似合う

今日は出店でパスタが出ていたのでパスタを食べてみた

今日1番珍しかった参加車の旧車

4代め日産スカイライン ケンとメリーのスカイライン

2ドアハードトップ

なんとオートマチック車、初めて見た

当時のラジオにカーステレオもさらにパワウィンドーも付いている

このケンメリ スカイラインは自分が免許取得時に

近所の修理工場に勤めていた同級が乗っていた

1984年時はマークⅡやクレスタなどのハイソカーブームで

1970年代の鉄バンパーや丸目ライトの車は古臭く底値で売っていて

それも確か1974年型を解体屋で5万円で買ったようだが綺麗に直され

4ドアだったが真っ白なボディに太いアルミを履かせ結構かっこよかった

昭和の名車の紹介雑誌「Nostalgic Hero」や「ハチマルヒーロー」、Nostalgic speed」「Gワークス」など いろんな雑誌400種類以上!が月400円(税抜き)で読み放題! 初回1か月0円! ↓↓お申し込みはこちらから↓↓  

これは4ドアだからオートマチックなのかと聞いたら

この年式はまだオートマチックがなく

1976年式?以降だと聞いたのと思うので

初期のケンメリにはオートマチック車は無く後で追加されたようだ

当時だから3速オートマチックだろう

この時代のオートマチックだからトルコンスリップも大きく

L20型エンジンも高回転型エンジンだからノーマルだと遅いと思うが

ケンメリスカイラインのオートマチックは珍しい

個人的にも歴代スカイラインの中でケンメリ スカイラインのデザインが1番好きだ

ルノーかな、これもあまり見たことの無い外車だ

前はシトロエン2CVっぽいからフランス車だろうな

荷室にはプロ工具が一杯積んであったので出張修理屋さんかな

昼過ぎに知人らのAE86レビンなどと帰路へ

 

 旧車イベントブログは下記のサイトへ移転します

https://ibent.kyusya.tokyo/

値引き金額から更に 50 万円安くなる方法 「昔見た憧れの旧車やかっこいい新車に乗りたいけど、予算オーバーだ…」 「愛車の値引きを多くしてできるだけ次の愛車を安く買いたい…」 「ディーラーを回るのは面倒で…」 「新車や旧車をお得に最安値で手に入れたい…」 「ディーラーの売り込みがイヤ…」 など、車の購入を検討しているけど色々悩みが尽きない... と悩んでいる方は非常に多くいらっしゃいます。 家族や友人に相談したところでまともに聞いてもらえず また聞いてもらったところで欲しい車に手が届かない。 そんな方にオススメの裏ワザをご紹介します。 下取りは必ず一括査定サイトを使うこと! 下取りは必ず一括査定サイトを使うこと! ディーラーでは 30 万円だった下取りが、 買取業者では 80 万円になることも多々あります。 一括査定サイトを使うことで、大手下取り会社の最大 10 社が あなたの車の買取価格を競ってくれるので、 結果的に値段が吊り上るのです。
スポンサード リンク

 - 1970年代の名車