Z31 フェアレディZ 希少な後期型の300ZX V6ターボ

      2018/08/28


下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと! ディーラーでは 30 万円だった下取りが、 買取業者では 80 万円になることも多々あります。 一括査定サイトを使うことで、大手下取り会社の最大 10 社が あなたの車の買取価格を競ってくれるので、 結果的に値段が吊り上るのです。

知り合いの車屋さんのイベントに来てた

日産フェアレディZ300ZX Z31型と呼ばれる

1983年のフルモデルチェンジで

長くからL型にこだわった日産が

満を持して登場したV型6気筒エンジンを搭載し
1983年当時としては他の国産モデルを圧倒する
V6 3000CC SOHCながらターボで230馬力

グロス値だが当時はまだネット表示は無かった時代

それでも今までから考えると凄い数値だった
当時最も低いCD値0.31で最高速234km/hや

14秒台のゼロヨンスピードは
当時ライバルのトヨタ車のプレステージカー、3ナンバーカー

ソアラ2800GTやセリカXX2800GTの

170馬力の5M-Gエンジンの2800GTなどを圧倒する性能だった

スポンサード リンク

このZ31型は後期型だったのでてっきり人気の

VG30DE、V6DOHCエンジンの300ZRと思ったが

これは初期の3リッターV6ターボエンジン搭載の300ZXだった

Z31型の300ZXの前期モデルは良く見るが後期型は初めて見た

後期になって登場したV6DOHCの300ZRの方は自然吸気ながらDOHC化され

足も固められスポーツカーらしいと後期型に人気が集中したからだ

2010年のハチマルミーティングで見た前期300ZX 

実際はボンネットにパワーバルジがあるかな

オーナが喋る車と言っていたように

警告音をコンピューター音声で警告してくれる

なおトヨタの初代ソアラやセリカ・ダブルエックスの

3ナンバーのみの前期型にも付いてた

ミーハーな自分は当時はナイトライダーみたいで凄く欲しいと思った

ソアラやセリカではマイナーチェンジでなぜか廃止されたが

いちいちうるさいからという理由からか

CMもかっこよかった、

当時は3000ccってだけでも凄い時代なのにターボ付き

自分も1988年に知り合いの委託業者から買わないかと

1度ブルーメタリックの前記のフェアレディZ 300ZXの2by2の

オートマチック車を試乗した事がある

狭い道の街乗りだったのでパワーを感じる事は無かったが

自分のソアラ2000VRターボに比べて当然ながら

低速トルクが太くとてもかっこよく欲しかったが

昭和当時はまだ3ナンバーを簡単に乗れる時代では無かったし

5年落ちで180万円とまだまだ高かった

5年落ちの自分のソアラVRターボの下取りが70万円だったし

しかしその後1986年2月

ライバルのトヨタのソアラやスープラがフルチェンジで
同じ3000CCターボでも300ZXのシングルカムエンジンに比べて

トヨタはツインカム24バルブエンジンのターボの

7M-GTエンジンが登場し
ネット値230PSと(グロス値なら270PSくらい)やや差を付けられ

最高速も238km/hを誇り国産最高速王座の座も明け渡したが

(それでもたった4km/h差)
ゼロヨンタイムはソアラやスープラの積む7M-GTエンジンは

当初はその巨大なトルクに耐えられるミッションが無く

オートマチックのみだったこともあってかまだ300ZXがトップだった

その後も他のメーカーも4バルブDOHCやツインターボなど

スポンサード リンク

新しい技術をどんどん取り入れて来た時代だったので

Z31 300ZXより速いのもどんどん出てきた

Z31 300ZX 1988.mp4_000001047

ダイエットやゴルフ、新車情報、ペット、イベント、旅行、など趣味や自分の好きな事を書いて

皆が知りたい情報を書いて

インターネット広告収入得てみせんか

そんな趣味や遊びが仕事になり楽しみながら副収入を得られる

実践してみたい方は下記公式サイトへ

   ↓

申込みはコチラ!公式サイトへ

詳しい説明動画です

スポンサード リンク

300ZXはネット値だと195馬力なので

当時続々登場する速いエンジンに押されてきたし

300ZXは発売当初から足回りの設定やハンドリングがマイルド過ぎて

自動車評論家たちからも

「これではスポーツカーでなくラグジェリーカーだ」と

酷評がついていた

しかしZ31 フェアレディZも1986年10月のマイナーチェンジで

先行して発売されたていたF31レパードの世界初の

3000ccのV6型4バルブDOHCエンジンが追加された

自然吸気なので190馬力と300ZXの195馬力より公表数値は低いが

足回りも固められハンドリングもシャープに設定され

こちらのほうがスポーツ度が高いということで売れ線になった

5速ミッションとの相性も良かったみたいだし

だから後期は自然吸気の300ZRの方が圧倒的に売れたようだ

さらに元々あったV6、SOHCターボの300ZXの方はなぜか

後期になって5速ミッション車が廃止され

オートマチックのみとなってしまったので
ややセドリック クーペのような感じになってしまい
マイナーチェンジなのにパワーユニットもそのままというのも影響したか
後期になってほとんど売れなくなってしまったので

旧車イベントなどに来る

後期のZ31型のフェアレディZの3ナンバーと言えば

自然吸気DOHC搭載の300ZRばかりになっていた
5ナンバーの2000ccも後期型になってV6SOHCターボエンジンから

ストレート6気筒のRB型エンジンのDOHCターボが追加され

2リッターでも最高出力ネット180馬力を誇ったので
従来からの300ZXは3リッターとは言えただのSOHCターボ、

それもインタークーラー無しで後期になっても馬力は同じ195馬力と

いうのがやや商品魅力を失ったか・・

この2000ccのRB20DETエンジンは当初Z31は

V6専用シャーシーと言われながら

新しく出来たストレート6気筒エンジンの

RB20DETエンジンを載せ批判を浴びた

しかしこの300ZXはセドリッククーペのようなラグジュアリー仕様なので

装備はZR系より豪華装備らしい
当時流行りの可変サスペンションのスーパーソニックサスが

フロント用とリア用と2つあるのも初めて見た

3ウェイ アジャスタブル・ショックアブソーバーというらしい

当時日産車の流行りの雨滴感知ワイパーもついてた(現在は壊れてるらしい)

つまり豪華仕様でオートマチック車でラグジュアリーに乗るのは300ZX

ミッションで硬派にスポーティに乗りたい人は300ZRと

同じ車種でありながら全く別物に分けられた

後期型の3000ccの全車はワイドボディーに変わってるので

迫力があってかっこいい

スポンサード リンク

ただベストモータリングのビデオで見たレースではこの300ZRでも

いくら自然吸気エンジンの195馬力とはいえ

70スープラの2000ツインターボ(後期の210馬力)に

発進加速で負けているのはやや残念、

いくら自然吸気とはいえ3リッターあるのだから発進は勝ってもいいのに・・

でもフェアレディZの最後のロングノーズ車で

自分は歴代で最も好きな形だ

なんといっても1983年当時から2年間日本最速車という名誉もあったし

スポーツカーにはこういう名誉が1番自慢になるし(´∀`)

自分で運転を楽しむなら足回りの固められた300ZRの選択

隣に乗せる女性を喜ばせる為なら豪華装備で快適な300ZXかな

旧車イベントブログは下記のサイトへ移転します

https://ibent.kyusya.tokyo/

値引き金額から更に 50 万円安くなる方法 「昔見た憧れの旧車やかっこいい新車に乗りたいけど、予算オーバーだ…」 「愛車の値引きを多くしてできるだけ次の愛車を安く買いたい…」 「ディーラーを回るのは面倒で…」 「新車や旧車をお得に最安値で手に入れたい…」 「ディーラーの売り込みがイヤ…」 など、車の購入を検討しているけど色々悩みが尽きない... と悩んでいる方は非常に多くいらっしゃいます。 家族や友人に相談したところでまともに聞いてもらえず また聞いてもらったところで欲しい車に手が届かない。 そんな方にオススメの裏ワザをご紹介します。 下取りは必ず一括査定サイトを使うこと! 下取りは必ず一括査定サイトを使うこと! ディーラーでは 30 万円だった下取りが、 買取業者では 80 万円になることも多々あります。 一括査定サイトを使うことで、大手下取り会社の最大 10 社が あなたの車の買取価格を競ってくれるので、 結果的に値段が吊り上るのです。
スポンサード リンク

 - 1980年代名車 バブル時代 車 , , , , ,