2ストサウンドが懐かしい SS20スズキ・セルボ 550 

      2018/08/29


下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと! ディーラーでは 30 万円だった下取りが、 買取業者では 80 万円になることも多々あります。 一括査定サイトを使うことで、大手下取り会社の最大 10 社が あなたの車の買取価格を競ってくれるので、 結果的に値段が吊り上るのです。

あるオフ会に来てたスズキ・セルボ

昔、隣の兄ちゃんがこれに似た

フロンテ・クーペというのを乗っていて良く乗せてもらった

かなり小さい車でリアシートも狭かったが

まだ自分は子供だったのでそう辛くはなかった

セルボはその後継車らしく

まさにそれをそのまま一回りサイズも大きくした車だ

元のフロンテクーペは360CCで36馬力という

リッター100馬力のパワフルなものだったらしい

玄人向けで素人には扱いずらかったらしいが

スポンサード リンク

セルボは排気量も360ccから550CCになったが28馬力とパワーは落ちた

が万人向けに扱いやすいエンジンに改良されているようだ

フロンテクーペはジウジアーロの作らしいが

どっちにしろ子供の頃は軽自動車は小さくカッコ悪いから

絶対大人になっても乗りたくないと思ってた

特に子供の頃に見た2ストロークエンジンだと

思いっきり煙を吐きながら走ってる様は

本当に一生懸命に爆発するかのよう無理して走ってるようで

なんかお笑いな感じがして・・(^_^;)

女子には絶対乗ってもらえないだろうと・・(´Д`;)

ダイエットやゴルフ、新車情報、ペット、イベント、旅行、など趣味や自分の好きな事を書いて

皆が知りたい情報を書いて

インターネット広告収入得てみせんか

そんな趣味や遊びが仕事になり楽しみながら副収入を得られる

実践してみたい方は下記公式サイトへ

   ↓

申込みはコチラ!公式サイトへ

詳しい説明動画です

スポンサード リンク

音もポーンポンポン・・と50ccのバイクのようでうるさかったし

でも今見るとこの音が懐かしい感じがする

子供の頃は近所ではフロンテを乗ってる人が多かったせいもある

リヤエンジンだったのでボンネットを開けてもエンジンがなかったり

フェンダーミラーがボンネットに付いてて変わってるなと思ってた

運転させてもらっている人がいたが結構難しいのかよくエンストしていた

昔の軽自動車は今の軽自動車と違って普通車とはやや差があった

自分も免許を取った1984年初代ダイハツ・ミラを運転させてもらったが

足元が狭いせいかアクセル・ブレーキ・クラッチがかなり左に寄っていて

操作しづらくクラッチのタイミングも短く難しかった

「もう自衛するしかない水道水」「水道水はガンと死をまねく!?」他の著者で 水の研究に拘り続けて50年以上の葛原慎二が販売する

奇跡の水素 活性ハイドロゲンC<サンゴ水素スティック>

化学合成ビタミン類を排除した全く新しい水素加工食品

原材料はすべて天然素材使用

水素は毒性の強い活性酸素を除去し、

様々な病気の予防や治療に活用出来ると期待されています

サンゴ水素スティック水素濃度、持続時間において ノーベル賞を受賞した田中耕一氏が所属している (株)島津総合分析試験センターの検査データー

日本でNo.1であることが証明されました

詳しくは商品紹介ページへ

内閣総理大臣/内閣府認可 一般社団法人 水の安全臨床検査機構

株式会社 マキシム事業企画

 

ただ昔から軽自動車は維持費が安いので気軽に足がわりに出来るのがメリットで

需要があり人気があるので中古車市場では高価だった

旧車イベントブログは下記のサイトへ移転します

https://ibent.kyusya.tokyo/

値引き金額から更に 50 万円安くなる方法 「昔見た憧れの旧車やかっこいい新車に乗りたいけど、予算オーバーだ…」 「愛車の値引きを多くしてできるだけ次の愛車を安く買いたい…」 「ディーラーを回るのは面倒で…」 「新車や旧車をお得に最安値で手に入れたい…」 「ディーラーの売り込みがイヤ…」 など、車の購入を検討しているけど色々悩みが尽きない... と悩んでいる方は非常に多くいらっしゃいます。 家族や友人に相談したところでまともに聞いてもらえず また聞いてもらったところで欲しい車に手が届かない。 そんな方にオススメの裏ワザをご紹介します。 下取りは必ず一括査定サイトを使うこと! 下取りは必ず一括査定サイトを使うこと! ディーラーでは 30 万円だった下取りが、 買取業者では 80 万円になることも多々あります。 一括査定サイトを使うことで、大手下取り会社の最大 10 社が あなたの車の買取価格を競ってくれるので、 結果的に値段が吊り上るのです。
スポンサード リンク

 - 1970年代の名車